MENU

INTERVIEW 06

医療全般の知識を深め
検査の本質を理解する

大同病院 検体検査科
臨床検査技師
S.F 2017年入社

任される仕事が徐々に増え、やりがいを感じる日々

 主に生化学検査と一般検査に携わっており、外来採血後の検体や入院患者さんの検体に適切な処理をして測定を行います。一般検査では主に尿検体を取り扱い、定性検査や尿中成分を顕微鏡で観察するなどしています。生化学測定は各種機械で行いますが手作業で行う検査もあり、早さと正確性が求められます。1年目は先輩から指示をもらいながら業務を行っていましたが、最近は自分で考えて行うことも増えて、より検査の本質に近いところに携わることができるようになりました。

専門分野はもちろん、医療全般を学ぶ環境が整っている

 院内ではさまざまな分野の勉強会が毎月開催されており、検査以外の医療を知ることができる貴重な機会となっています。疾患の専門的な講義や医師がどのように検査値を見ているかというのは大変参考になり、検査をさらに考えるきっかけになります。また、現場ではチーム医療を行うため、自分の専門分野以外のことに興味をもつことは強みになると考えています。自身のスキルアップとしては、企業が開催している勉強会や臨床検査技師会の勉強会に参加して、専門的な知識を得るようにしています。検査の勉強会は次の日から業務に生かすことができ、知る前と知った後では検査に対する意識が変わります。

見えない部分こそ正確に誠実に。地域により良い医療を提供したい

 宏潤会で働く魅力は、高度急性期医療を担っていること、そして地域の医療に携われることです。急性期医療ではより幅広い検査を行う機会があり、緊急のため必要性も大きくやりがいがあります。また、地域の医療を包括して担っており、さまざまな形態の医療に携われる場所で働くことは自分を成長させてくれます。臨床検査技師は他の医療職種と比べると、患者さんと接することは少なく、見えないところで医療を支えることが多いですが、見えない部分だからこそ、検査結果に対する責任と信頼を大切にしていきたいです。そうすることがより良い医療の提供につながっていくと考えています。

求人情報Recruit

臨床検査技師 新卒採用 正社員 名古屋市南区(白水町)
臨床検査技師 中途採用 正社員 名古屋市南区(白水町)
臨床検査技師 中途採用 パート社員 名古屋市南区(白水町)

VIEW MORE

People

宏潤会ではたらく人たち

VIEW MORE

PAGETOP